岡山 歯科 歯医者 予防歯科 小児歯科 入れ歯 ホワイトニング 金属アレルギー 岡山市中区 雄町

入れ歯(義歯)

入れ歯にご不満はありませんか?

入れ歯は、一般に、大きく異物感や違和感があり、食べ物の味も良くないし、金属の留め金が目立つなどの欠点があります。

特に、保険の入れ歯では、制限があるためこのようなご不満が多いようです。保険以外の入れ歯(義歯)には、できるだけ快適になるよういろいろと工夫されたものがあります。その一部を簡単にご紹介いたします。

異物感を改善した入れ歯

T 金属床義歯

入れ歯の土台の部分に金属を使う事により、強度が強くなり、薄くすることで異物感を改善でき、さらに熱いもの冷たいものも感じることが出来る入れ歯です。

保険の入れ歯の材料(プラスチック)では厚さが2.5mmも必要ですが、この金属床では0.5mmまで薄くできます。金属にチタンを使用するとさらに軽量になり快適になります。

U 金属メッシュ義歯

金属床義歯の金属をメッシュ状にしたものです。この義歯は、さらに、ビールの泡のようなものまで感じることができるように作られております。

外観を改善した入れ歯

部分入れ歯では、入れ歯の維持のため金属の留め金が目立ちます。(右図)
この留め金を目立たないように改良した入れ歯として次のようなものがあります。

V 金属の留め金を歯と同じような色にした入れ歯

金属の留め金をグラスファイバーのような特殊な材料で作った入れ歯。

X ノンクラスプデンチャー

金属の留め金をなくした入れ歯です。

X マグネット式義歯

残っているご自分の歯の根の部分に金属を埋め込み、入れ歯の内側に超小型の磁石を埋め込み、磁力で入れ歯を吸着させるものです。金属の留め金が無くピッタリと吸着します。